遠隔地の太陽光発電所の除草対策は万全?/メンテナンスの必要性

遠隔地の太陽光発電所の除草対策は万全?/メンテナンスの必要性

遠隔地の太陽光発電所の除草対策は万全?/メンテナンスの必要性

蓄電池

フェンスに巻き付く「クズ」

 

 

エコ丸は中部電力管内に住んでいますが、おそらく遠方にお住まいの方が
設置されて、メンテナンスをほとんどされてないような発電所がちらほら
見かけます。九州や東北などではもっとこのような傾向が強いでしょう。

 

 

 

 

発電量の日々のチェックは遠隔監視装置で可能ですが、伸びていく
雑草のチェックまでは不可能だと思います。こればかりは現地で確認しないと
無理です。この雑草ですがコンクリートでガチガチに固める、もしくは
高級な防草シートを敷き詰めるなどの対策をしてあれば多少は放置しておいても
大丈夫かと思いますが、そういった防草対策を何もせずに数か月放置して
おくと大変な状態になると思います。

 

 

架台を高くして、草をわざと生やすことで、パネルの冷却効果が期待できると
うそぶく人もいますが、背の低いカバープランツなどできれいにしてあれば別ですが、
やはり草ボーボーは良くない事の方が多いです。
草が生えていると湿度は当然上がります。湿度が高いという事は電気部品は劣化が
進むのが早くなります。冬には火災の原因にもなります。

 

 

システムが壊れた時の停止時間を短くする(売電損失を少なくする)ための考え方として
予防保全というものがありますが、やはり雑草をきれいに処理し、パワコン、
パネル、配線を日常的に管理する事が大事です。

 

 

 

草ボーボーにするとこんなデメリットが・・・

 

・草の影がパネルに落ち、発電量が下がる
・見た目が良くない
・パネルや配管、パワコンも劣化しやすくなる
・火災の原因になる
・システムが故障した時に原因発見が遅くなる
  →結果として売電損失が大きくなる
・全く管理していないと思われ、盗難に入られる

 

 

 

厄介な雑草君たち

 

特に日本中で大繁殖しているセイタカアワダチソウは
背の丈1.5〜2.0m位には成長するので、発電所の所有者に対しては
かなり厄介な存在です。また、古来からあるクズも驚異の繁殖力で
みるみるうちに広がっていきます。
セイタカもクズも草の茎が非常に丈夫で、太いものになると木の様に
なります。そうなると手でむしりとるのは困難になります。
架台の下等の低くて電線が敷設してある場所などは草刈り機が入りにくい
ので、防草シートや除草剤で草が大きく成るまでに、早め早めの対応が
必要です。

 

 

 

蓄電池

クズがもうすぐパネル上まで届きそう

 

蓄電池

セイタカアワダチソウがパネル前面に・・・

CISがいくら影に強くても・・・

 

蓄電池

アレイとアレイの間に大量の雑草たち

 

蓄電池

別の発電所 ここでもセイタカアワダチソウがパネル前面に・・・

 

 

蓄電池
置き基礎式で防草シートもガッチリしてありますが、シート上のコンクリートの
水の貯まりやすい所に雑草がたくましく生えてきています。

 

蓄電池

防草シートを敷いて、その上に砕石を引いていますが、その上に雑草が生えています。

 

 

 

最後の2つの発電所などは、きちんと防草シートをしいて雑草対策をしているにもかか
わらず、雑草が大量に生えています。
これらり事例からわかることは、防草シートをしてあれば100%雑草が生えてこないという事は
ありえません。何もしないよりは雑草の量を減らせられるぐらいに思った方が良いでしょう。

 

雑草の成長速度は早く、梅雨時には一雨ごとにびっくりするほどのスピードで繁殖します。
低圧設置でかつ遠方で定期的なメンテナンス契約をしていない場合は、メンテナンスフリー
などあり得ないので、最低でも数か月に一度は所有の発電所の状態を実際に目で確認
したほうが良いでしょう。分譲太陽光を購入する場合などは、実際に年数回は行けるか、
いけないならメンテナンスを依頼できるか?この点を考慮に入れて検討する必要があります。

 

発電所のメンテナンスで一番大変な「雑草対策」
防草シート、草刈り機、除草剤をうまく組み合わせて、雑草軍団と戦っていきましょう。

 

 

〜雑感〜
発電所の所有者に草を刈ったほうがいいよと言ってあげたいですが、
設置者が誰だかわかりません・・・

 

 

 

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!エコ丸も無料会員登録しました。
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!
国内唯一の土地付き太陽光発電の総合検索サイト。登録も利用もすべて無料

産業用太陽光発電でも価格を比較してコストダウンしましょう!!


↓エコ丸が自信をもって推奨する産業用太陽光発電の一括見積もりサイト↓

 

50KWまでのシステムなら対応できる業者数は多いので、一括見積りサイトで価格を競わすのは有効でしょう。
50KW以上の高圧連系の大型物件になると対応できる業者数はぐっと減りますが、タイナビNEXTまたは太陽光発電一括見積り.comのいずれか、もしくは箇所から見積もりを取れば完璧です。 自作する場合でも比較検討材料として見積もり取得は必須です。
20年間だからこそ、複数の業者を慎重に比較検討しましょう。

  第1位   第2位


タイナビNEXT
国内最大級の
産業用太陽光見積りサイト
月間利用者ダントツNO.1
登録業者140社以上で全国対応
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
B産業用の見積もりもOK!
評価 

 

↓↓↓エコ丸があなただけにこっそり教える↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 激安で設置する方法はココ 太陽光の本当のメリットはコレだ! どれぐらいで元が取れるか?