太陽光発電の価格や失敗しない為の太陽光発電の仕組みをご紹介

【悲報】増設禁止令/平成29年8月31日にFIT法の施行規則と告示が改正

【悲報】増設禁止令/平成29年8月31日にFIT法の施行規則と告示が改正

 

残念ながらH29.8.31より「事後的過積載規制(増設規制)」が公布になり、
これ以降は運転開始前後問わず、増設したら買い取り価格が変更になる
ようになりました。

 

具体的には、認定取得後の太陽電池出力が3%又は3KW以上の増設は
無理になりました。(やってもいいですが価格変更になります。)
認定取得の段階から過積載の計画をするしかありません。

 

 

 

以下改正のポイントをまとめます。

 

 

「太陽電池の合計出力」の変更手続きが「変更届出」から「変更認定
申請」に変わります。その上で、「太陽電池の合計出力」を3%以上
又は3kW以上増加させる場合、もしくは20%以上減少させる場合は、
調達価格が変更認定時の価格に変更されます。
(施行規則第9条第11項、告示第2条第7項関係)

 

 

具体的にどういう場合に価格が変更になるのですか?

 

認定をとった後に、太陽光パネルの合計出力に以下の変更があった
場合、価格が変わります。

 

(1)太陽光パネルを増設したり、効率の良い太陽光パネルを使用したりする
ことにより、太陽光パネルの合計出力100kW以下の発電設備であれば3%
以上の増加、合計出力100kW以上の発電設備であれば3kW以上の増加があ
った場合に、価格が変わります。例えば、太陽光パネルの合計出力49.5kW
の施設が51.0kWになる場合は、3.03%の増加となるため価格が変わります。

 

(2)太陽光パネルの枚数を減らすことなどにより、合計出力が20%以上減少
する場合は、価格が変わります。

 

 

解釈
 通常の低圧であれば、パネルの合計出力は100KW未満でしょうから

    3%以上の増設はNGということです。パネル70KWなら2.1KW以下の
    増設しか無理になりました。
    認定取得時のパネル型式から後継機種への変更でパネルの性能UP
  した場合を考えてみます。270W260枚の70.2KWの発電所があって、
    当初の270Wパネルから280Wに性能UPして設置するとすると・・・
    280W×260枚=72.8KWになって3.07%アップになります。
    この場合はパネル枚数を258枚に減らして、3%未満に抑える必要が
    あるということです。このケースは今後よくあるケースと思われます。
    3%を超える増設をしてしまうと以下のQAにもあるように、発電設備
    全体の調達価格が変更認定時の価格に変更されるので要注意です。

 

 

 

増加分だけが価格変更になりますか?

 

増加分だけではなく、発電設備全体の調達価格が変更認定時の価格に変更
されます。

 

 

3%未満かつ3kW未満の増加であれば、変更認定申請は不要ですか?

 

太陽光パネルの合計出力を変更する場合は、全て変更認定申請が必要
になります。ただし、3%未満かつ3kW未満の増加であれば、価格は変更
にはなりません。

 

 

 

過積載は、今後は禁止ですか?

 

過積載にはメリットもあるので、禁止にはしません。新規の認定申請時に
過積載状態で申請をしても認定を取得することができます。ただし、認定
取得後に事後的にパネルを増設する場合は、価格を変更して事業を継続し
ていただくことになります。

 

 

 

  この増設禁止令が施工される前に、よく知っている太陽光業者の工事工程表を見せて
  もらったら、その半分は増設工事でした。運転開始後の増設という手法が、当たり前に
  広まっていたので、今回はそれに対しての規制です。まあ仕方ないですね〜(残念!!)

 

 

 

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!エコ丸も無料会員登録しました。
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!
国内唯一の土地付き太陽光発電の総合検索サイト。登録も利用もすべて無料

産業用太陽光発電でも価格を比較してコストダウンしましょう!!


↓エコ丸が自信をもって推奨する産業用太陽光発電の一括見積もりサイト↓

 

50KWまでのシステムなら対応できる業者数は多いので、一括見積りサイトで価格を競わすのは有効でしょう。
50KW以上の高圧連系の大型物件になると対応できる業者数はぐっと減りますが、タイナビNEXTまたは太陽光発電一括見積り.comのいずれか、もしくは箇所から見積もりを取れば完璧です。 自作する場合でも比較検討材料として見積もり取得は必須です。
20年間だからこそ、複数の業者を慎重に比較検討しましょう。

  第1位   第2位


タイナビNEXT
国内最大級の
産業用太陽光見積りサイト
月間利用者ダントツNO.1
登録業者140社以上で全国対応
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
B産業用の見積もりもOK!
評価 

 

↓↓↓エコ丸があなただけにこっそり教える↓↓↓

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 激安で設置する方法はココ 太陽光の本当のメリットはコレだ! どれぐらいで元が取れるか?