【 太陽光発電 価格の仕組みまる分かり】安い業者はココで探せ!

太陽光発電はどれぐらいで元が取れるのか/投資回収期間の計算

太陽光発電はどれぐらいで元が取れるのか

 

どれぐらいで元が取れるのかは、太陽光で発電した電気を、自宅で使用する自家消費分によりますが、

約8年から10年程度で設置費用を回収できると言われています。

 

本当かどうか実際に計算して見ましょう。

 

その前に自家消費売電について説明します。ここはとても大事なところです。
下のイメージ図で、 濃いオレンジの部分が自家消費で薄いオレンジが売電になります。
太陽光発電 売電と買電
     出展:太陽光発電協会

 

前ページの太陽光発電の設置価格の概要を例に取って考えてみます。
4kWの太陽光発電システムの設置費用は、国の補助金を差し引くと 136万円 でした。
一般的な太陽光システムが1年間に発電する年間予想発電量は、出力の1,000倍と言われていますので
4KWなら1年間に1,000倍の約4,000KWhを発電します。

 

年間予想発電量
太陽光発電システムの公称出力に日射量、温度損失、変換損失、汚れによるさまざまな損失などを加味した年間の予想発電量。損失などにより発電電力は太陽光パネル容量の70〜80%程度になると言われています。

 

太陽光システムで発電された電力は、自家消費または売電されるので、その比率を40:60として、
それぞれの電気単価を24円/Kwh、42円/Kwhとすると、このシステムの1年間のプラス分は

 

4,000KW/h × ( 24円/Kwh × 40% + 42円/Kwh × 60% ) = 13万9200円

 

となります。 1年間のプラスで設置費用を割ると・・・

 

136.0万円 ÷ 13.92万円  = 9.8年

 

計算では、9.8年で設置費用を回収できるという結果になりました。

 

太陽光発電では、自家消費した残りの電気を売ることになります。そのため自家消費は、本来なら42円で売れる電気を消費していることになります。つまりは、42円で電気を買っているのと同じ事になります。なので自家消費はなるべく抑えた方がお得ということになります。(これが節電意識が高まる本当の理由かも知れません)

 

10年間の買取期間が終わった後については現在決まっていません。今後、太陽光発電の普及の状況等を勘案しつつ検討されていくでしょう。気になるのは、原子力発電所の停止に伴い、電力会社の燃料費が急増していることです。火力発電などへの切り替えで、燃料となる石油やLNGガスの調達コストが上がっているそうです。

 

そうなれば、電気料金の値上げも今後ありえるかも知れません。これは太陽光発電の設置者にはプラスになると思いますが、日本全体で考えた時には、マイナスです。高い電気料金では、工場の海外移転など国内産業の空洞化を加速させてしまうからです。

 

↓↓↓エコ丸があなただけにこっそり教える↓↓↓

 

安い業者はココで探せ!

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
国内唯一の土地付き太陽光発電の総合検索サイト。登録も利用もすべて無料

安い見積もり業者はココで探せ!

 

太陽光発電は、取り付ける屋根の条件や、設置環境が一軒一軒違うために、絶対的な金額が決まっていません。
そうなると、単純に比較 することが大事になってきます。比較をしないで1社だけで選んでしまったら、実はそこはものすごく
高かったというケースが起こり得ます 。なので、一括見積もりで比較検討することは必須の作業と言えます。

 

実話です。一括見積りで太陽 光発電の設置価格が100万円も安くなりました!
(安く太陽光発電を設置したい人は必見!実際に100万以上安くなった 方法を公開します。)

  第1位   第2位


タイナビ
利用者100万人突破!!
月間利用者ダントツNO.1
顧客満足度が91.2%
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
評価 

 

※現在問題になっている再生エネルギーの買い取り中断・保留は、
10KW以上の産業用のみで「住宅用」は何も問題なく今まで通り設置出来ます。
詳しくはこちら→再エネ買取り中断・保留

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 激安で設置する方法はココ 太陽光の本当のメリットはコレだ! どれぐらいで元が取れるか?