太陽光発電の価格や失敗しない為の太陽光発電の仕組みをご紹介

太陽光の過積載計算方法パネルパワコン/増設過積載は軽微変更

太陽光の過積載計算方法パネルパワコン/増設過積載は軽微変更

 

H27年度からFITの運用ルールが大きく変わりました。さまざまな規制・ルールの中で
最大の投資効果を生む方法としてパネルの過積載という方法があります。

 

パネルの型式を変更せずに枚数のみの増加は軽微変更扱いですので、敷地に余裕の
ある方にはパネルの増設による発電量アップは、売電価格を変えることなくかつ最高の
投資効果が得られる方法です。実施しない手はありません。

 

→新FITで制度変更あり
新制度が施行される時点においては、パネルの枚数を変更する場合は、事前変更届出です。
認定取得後に接続容量を変えずにパネルの枚数を増やす、いわゆる事後的な過積載につい
ては、実態を調査し、変更認定の対象にして、調達価格の適用ルールを変更する必要が
あるか否かを今後検討していきます。今のところまだいけます。急げ!!

 

 

まず、過積載とは・・

 

「パワーコンディショナの出力を上回る出力の太陽電池パネルを接続する。」ことです。

 

(例)
パワコン 10KW に  パネル 12KW を接続  → 過積載率120% (1.2倍)

 

 

では、この過積載はどこまで可能なのか?

 

 

以前田淵電気に問い合わせたところ、
田淵の回答としましては「定格入力電圧に合わせて欲しい」とのことでした。

 

田淵電気の代表的な機種 三相9.9KWのタイプなら入力動作電圧範囲はカタログで150-550V
となっています。

 

で、何枚まで過積載出来るの?

 

 

さっそく計算してみます。
開放電圧を一般的な250Wパネルの37.8Vとすると・・・

 

過積載計算

 

 

パワコン 9.9KW に パネル 16.25KW (250W×65枚) 
 → 過積載率162% (1.62倍)

 

まで大丈夫となりました。 

 

9.9KW パワコン5台49.5KWならパネルを325枚(81.25KW) まで大丈夫という事になります。
LOOOPのこの商品は、偶然なのか計算通りのパネル容量になってます。(W)
https://looop.co.jp/product/ground_type_80/

 

オムロンの過積載はどうか?

 

オムロンのKP55M-J4の場合、直流入力の運転可能電圧範囲がDC60〜450Vとなっていますので、
同様の計算をしますと、1回路に10ストリングまでOK。オムロンの場合はマルチストリング型では
ないので、4つの入力に同じ枚数のパネルを接続してあげないとロスが発生します。同じにすると
10*4=40枚 40枚*250W=10KWなので

 

パワコン 5.5KW に パネル 10.0KW (250W×40枚) 
 → 過積載率182% (1.82倍)

 

低圧50KWなら5.5KWパワコン9台なので 40枚*9台=360枚 250Wパネルで90KW
までOKということに計算上はなりました。田渕より行けます。
最近の60セルパネルは275Wというのもあるので、99KW(200%)も可能です。
(※実際に実施する場合は各自の責任において実施願います。)

 

オムロンは自社のHPで「太陽光パネルの過積載接続に対応」と明記してありますし、
エコ丸含めて、過積載で運用している方もたくさんいるので実績十分です。
パワコンの最大入力電流、運転可能電圧範囲内で使用する分には全く問題ないのでは
無いでしょうか。

 

上記以外のパワコンも同様の方法で求めれば、何枚つなげる事ができるか求めることができます。

 

夢の200%超え過積載出現!!

 

低圧分割が禁止になってから、過積載がだんだん当たり前になってきていますが、
最近では、200%超え過積載といった猛者まで現れてきています。

 

パワコン50KWに対してパネル100KWを設置し200%過積載するには、パワコン
が限定されます。SMAを使用するのが現時点ではベストです。SMAには
三相9.9KWと単相4.5KWのパワコンがありますが、どちらでも200%可能です。
三相9.9KWであれば入力がDC600Vなので普通の265Wであれば14直までOK
6入力あるので14直*6ストリング=84枚までつなげます。パワコン10KWに対して
22.26KWまでいけます。13直*6ストリング=78枚でも200%いけます。

 

単相4.5KWであれば入力がDC450Vなので普通の265Wであれば10直までOK
4入力あるので10直*4ストリング=40枚までつなげます。パワコン4.5KWに対して
10.6KWまでいけます。9直*4ストリング=36枚でも9.54KWで200%超えます。
低圧49.5KWでパワコン11台使用するので11台*40枚=440枚(116.6KW)または
11台*36=396枚(105KW)でともに200%を超えます。

 

三相の場合絶縁トランスの設置を求められる場合があるので、50KVAトランスで
約40万が別途必要です。単相は絶縁トランス不要です。それなら単相の方が
いいじゃんとなりますが、三相であればパワコン5台で30ストリングですが、
単相だとパワコン11台で44ストリングになり設置時のコストは単相の方がかかります。
エコ丸はできるだけパネルを直列につなぎストリングの数を減らしたかったので、
三相を選択しました。SMAにはその他、IP65の躯体や保証期間、変換効率の高さ、
パワコンにウェブコネクトを追加装着すれば遠隔監視がリーズナブルに利用できる
などおすすめできるポイントが満載です。

 

 

 

 

現在では、低圧分割は禁止になっていますので、50KWには大きすぎるし、高圧150KW
以上は入らないというミドルサイズの土地の場合には、土地を最大限活用するために
パワコンは50KWに抑えて低圧で設置し、パネルはなるだけ多く設置する方向になると思います。
そういった場合には200%過積載の出番になり、21円時代の定番となるでしょう。

 

 

 

増設の場合は?/投資効果は?

 

 

次に増設の場合です。
過積載設置しないで運用開始していて、土地が余っている場合は増設を考えます。

 

上にも書きましたが、現在運転中の発電所でもパネルの枚数を増やす分には軽微変更で済み、
価格の変更はない
ので取組みやすいです。

 

現在運転中の発電所を増設する場合の費用は、パネルと架台とケーブル少々です。
これなら12〜13万/KW程度で設置できると思います。
一方売電収入は、ピークカットが発生するので、リニアにパネルが増えた分だけ増えるとは
言えませんが、確実に発電量はアップします。コーティングするとか、反射板とかいろんな
発電量アップ方法がありますが、パネルを増やすのが一番確実です。
だいたい投資効果は表面利回りで30%近くなるのではないかと思います。

 

 

繰り返しますが、
運転開始済み発電所のパネル枚数のみの増加は軽微変更扱いですので、敷地に余裕の
ある方にはパネルの増設による発電量アップは、売電価格を変えることなくかつ最高の投資効果が
得られる方法です。実施しない手はありません。隣地が空いているならぜひ交渉していきましょう。
この場合のパネルメーカー、型式はなんでもいいので激安パネルを増設するのも手です。
ただし、違うメーカーの電池どうしを直列につなぐのだけはやめてください。
田淵のようなマルチストリングではストリングごと、オムロンのような一括入力ではパワコンごとに
電池の種類を統一します。

 

→新FITで制度変更あり
新制度が施行される時点においては、パネルの枚数を変更する場合は、事前変更届出です。
認定取得後に接続容量を変えずにパネルの枚数を増やす、いわゆる事後的な過積載につい
ては、実態を調査し、変更認定の対象にして、調達価格の適用ルールを変更する必要が
あるか否かを今後検討していきます。今のところまだいけます。急げ!!

 

 

 

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!エコ丸も無料会員登録しました。
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!
国内唯一の土地付き太陽光発電の総合検索サイト。登録も利用もすべて無料

産業用太陽光発電でも価格を比較してコストダウンしましょう!!


↓エコ丸が自信をもって推奨する産業用太陽光発電の一括見積もりサイト↓

 

50KWまでのシステムなら対応できる業者数は多いので、一括見積りサイトで価格を競わすのは有効でしょう。
50KW以上の高圧連系の大型物件になると対応できる業者数はぐっと減りますが、タイナビNEXTまたは太陽光発電一括見積り.comのいずれか、もしくは箇所から見積もりを取れば完璧です。 自作する場合でも比較検討材料として見積もり取得は必須です。
20年間だからこそ、複数の業者を慎重に比較検討しましょう。

  第1位   第2位


タイナビNEXT
国内最大級の
産業用太陽光見積りサイト
月間利用者ダントツNO.1
登録業者140社以上で全国対応
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
B産業用の見積もりもOK!
評価 

 

↓↓↓エコ丸があなただけにこっそり教える↓↓↓

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 激安で設置する方法はココ 太陽光の本当のメリットはコレだ! どれぐらいで元が取れるか?