太陽光発電の価格や失敗しない為の太陽光発電の仕組みをご紹介

高圧発電所の検討

高圧発電所の検討

 

今回設置を計画している高圧発電所はパネル580KW(PCS499.5KW)で低圧7基分ぐらいです。
高圧発電所は低圧と違い、事業化までハードルが高いです。

 

万が一のことがあった場合のダメージがデカいです。
申請・手続きが複雑です。
金融機関からの資金調達も難易度が上がります。
電力会社の接続にかかる検討期間が数か月かかります。
発電所を設置する地域自治体に対し、住民説明会を開催する必要があります。
施工を依頼する業者リスクがあります。(途中で倒産など)

 

予定している売電単価が確保できるか?
予定している土地に法令関係での問題なく事業が開始できるのか?
付近住民の理解は得られるのか?

 

悩みのタネは尽きません。

 

しかし、これだけのリスクをしょってわざわざ事業に挑戦するのは、
逆にそのリターンも大きいと思うためです。

 

高配当株等の紙の資産に投資をすれば、らくちんかもしれませんが、
エコ丸はあくまでも現実・現物の事業を展開して行きます。

 


申請中の高圧発電所

 

 

電力会社の接続検討と接続契約に半年近くかかりましたが、
14円の締め切り2日前に何とか経産省に事業計画認定申請を受理してもらいました。
現在審査中で、細かい修正の連絡がありその対応もしました。
2020/3/31までに認定が下りることを願っています。

 

土地の取得も完了し、工事負担金の支払いも済みました。さてどうなるか???


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 激安で設置する方法はココ 太陽光の本当のメリットはコレだ! どれぐらいで元が取れるか?