【太陽光発電の価格や費用の仕組み】安い見積もり業者はココで探せ!

産業用太陽光は高圧連系で?50kW未満低圧連系のメリット

産業用太陽光は高圧連系で?50kW未満低圧連系のメリット

 

全量買い取りの産業用太陽光発電の設置を検討している人のなかで、
50KW前後から100KW程度までの出力を考えていらっしゃる人は、高圧連系と低圧連系の
どちらがよいのか迷われると思います。

 

ここでは、高圧連系と低圧連系の違いと、低圧連系のメリットについてまとめてみました。

 

 

まず、50KWを境に違うところの洗い出し・・

 

●50kW以上の場合には、高圧で系統連系させる必用がある。(キュービクルの設置が必用)
●50KW未満なら一般用の電気工作物となり、主任技術者の選任や保安規定の届出は不要
●50KW以上は自家用電気工作物となり、主任技術者の選任や保安規定の届出が必用
 (2000KW未満のなら電気主任技術者は外部委託可能⇒月数万円程度)
●高圧連系では、計画の段階で電力会社と接続協議が必要。
 (検討費用に21万円必用で、通常3ヶ月程度の協議時間がかかる)

 

 

キャービクルとは・・・
簡単に言えば小規模な変電設備で、高圧(6600V)で受電した電圧を、負荷設備の使用電圧である100Vや200Vに変圧する受電設備を収納した金属製のBOXのことをいいます。受電設備は、開閉器、断路器、しゃ断器、変圧器、保護継電器、計測機器など複数の配電制御設備から構成されます。

 

 

 

 

なぜ50KWが境目になっているかというと、50KW(200V)の設備の場合、流れる電流は250Aとなります。
250A以上の電流を流せる電線はものすごく太くなり、電線の取り扱いが難しくなります。そこで、電圧を
上げて流れる電流を少なくすれば電線も細くてすむので、50KW以上は高圧でという決まりになっています。

 

話がそれましたが、

 

 

50KW未満の低圧連系の特に大きなメリット

 

高圧受電設備キュービクルが不要

ランニングコストが安くつく

主任技術者の選任や保安規定の届出は不要。

時間のかかる電力会社と接続協議が不必要かまたは、軽微ですむ。

広大な土地が要らない。

50KWなら500〜600m2 (150〜180坪)程度
100KWなら 1000〜1200m2(300〜360坪)程度

 

以上のようなメリットがあるため、現在各メーカーは50KWパックといった商品をいろいろ開発しています。

 

応用として50KWパックを2つ設置して(2区画作り)100KWにするという方法が考えられます。
もし100KWで高圧連系を計画している場合であれば、50kW未満を2区画作り低圧連系にしたほうが、連系に
係る費用が安く上がり、有利な場合が多いと思われます。

 

 

本当は高圧契約すべきなのに、50KW未満の低圧接続を複数区画を作るという手法は
H26年4月から出来なくなりました。残念です。

 

●認定申請者が実質的に同一であること、
●認定に係る場所が地理的に近接していること、
●認定申請や工事が同時期又は近接した 1 時期に行われること、
の3つの要件を満たす場合を分割案件とみなし、設置不可になりました。

 

設置時期をずらせば、複数区画の設置は可能かと思いますので、以下に低圧分割の方法を残します。

 

↓100KW 2区画の例↓

 


A区画とB区画の間には仕切りをいれます。仕切りフェンスの基準は、はっきりとした基準は無いようです。
設置する意味を考えた場合、電気事故が起きない様に隣と明確に区切られ、簡単に行き来できない
用にするための物なので、60cm以上の高さは必用かなと思います。
もちろん第三者が簡単に発電所内に入れないように外周にはフェンスは必須です。これがないと保険が
適用されないケースがあります。

 

最後にパワーコンディショナーの話ですが、50KWの場合10KWのパワコンを5台並列に接続する方法が
ありますが、産業用のパワコンについてはメーカーの保証が1年程度の場合がほとんどです。
一方、住宅用のパワコンについてはメーカーの保証が10年程度の場合が多いので、住宅用のパワコンを
複数台並列接続して50KWにする方法も考えられます。

 

パワーコンディショナーに関して

1つのパワコンで接続するよりも、いくつかのパワコンで接続してリスクを分散

保証の観点からは、住宅用のパワコンの方が有利

パワコンの屋外設置は故障率が高くなる

 

 

エコ丸おすすめ!産業用太陽光発電の関連記事
産業用太陽光発電のメリットとデメリット オススメ!
産業用太陽光発電の設置にあたって注意べき点とは? 必須知識!
H26/4の運用ルールの変更点/低圧分割はNG 必須知識!
産業用太陽光を安く設置する4つの方法 オススメ!
太陽光に適した土地探しに有効な方法とネット物件の現状
発電量を増やす4つの方法
新電力PPS事業者に今より高い価格で買い取ってもらう
産業用太陽光発電パネル設置のポイント
パワコン設置の注意点!電圧抑制と無縁の年間数万円お得な情報
全国で多発する電圧抑制の主原因は配線部分での電圧上昇
産業用太陽光発電の配線設計/送電損失ロスを低減させるには?
50kW未満低圧連系のメリット
産業用太陽電池の出力が低下するPID現象とは?
サニックスの産業用太陽光発電/26万KW新聞広告
農地に500KWの太陽光発電を設置。三重県タマリュウ栽培農家

農地に50KWの太陽光発電を設置・愛知県豊田市坪井さん
【農地で太陽光発電】ソーラーシェアリングをやる場合にはまず何から?
農地を転用して250KWの太陽光発電を設置
アパートマンション賃貸の太陽光は産業用(非住宅用)になる?
産業用太陽光発電の設置価格(費用) 10〜50KW/50KW以上
産業用太陽光発電の運転維持費・修繕費・管理費
産業用太陽光発電の構造図と配線接続例
50KW以上の太陽光発電を設置する場合に必用な資格と手続き
土地付き太陽光発電は利回り10%程度?高利回り投資物件
バンク逆潮流と土地付き分譲太陽光のリスクとメリットデメリット

 

 

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!エコ丸も無料会員登録しました。
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!
国内唯一の土地付き太陽光発電の総合検索サイト。登録も利用もすべて無料

産業用太陽光発電でも価格を比較してコストダウンしましょう!!


↓エコ丸が自信をもって推奨する産業用太陽光発電の一括見積もりサイト↓

 

50KWまでのシステムなら対応できる業者数は多いので、一括見積りサイトで価格を競わすのは有効でしょう。
50KW以上の高圧連系の大型物件になると対応できる業者数はぐっと減りますが、タイナビNEXTまたは太陽光発電一括見積り.comのいずれか、もしくは箇所から見積もりを取れば完璧です。 自作する場合でも比較検討材料として見積もり取得は必須です。
20年間だからこそ、複数の業者を慎重に比較検討しましょう。

  第1位   第2位


タイナビNEXT
国内最大級の
産業用太陽光見積りサイト
月間利用者ダントツNO.1
登録業者140社以上で全国対応
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
B産業用の見積もりもOK!
評価 

 

↓↓↓エコ丸があなただけにこっそり教える↓↓↓

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 激安で設置する方法はココ 太陽光の本当のメリットはコレだ! どれぐらいで元が取れるか?