太陽光発電の価格や失敗しない為の太陽光発電の仕組みをご紹介

パワコン設置の注意点!電圧抑制と無縁の知っておいた方が年間数万円お得な情報

パワコン設置の注意点!電圧抑制と無縁の知っておいた方が年間数万円お得な情報

 

低圧連系を複数系統設置したり、付近に太陽光発電設備が密集していると
系統電圧が上昇して、パワコンの電圧抑制がかかり売電出来なくなることがたびたびあります。

 

パワコンには発電電圧が上がりすぎて一般のお客さんへの供給電圧が
適正な範囲を逸脱しないように自働電圧調整装置(出力抑制機能)が組み込まれているからです。

 

適正な範囲というのは商用電源の電圧は電気事業法第26条、同施行規則第44条に規定されており、

 

呼称電圧[V] 標準電圧[V]
100 101±6(95〜107)

200

202±20(182〜222)

 

となっています。

 

 

連系の申し込みをすると、

 

連系に際して、電圧上昇抑制整定値を○○Vに設定してくださいと電力会社から通知があります。
そして設置業者がパワコンの整定値をその指示通りに設定します。

 

実際に連系を開始して、たびたび電圧抑制(出力抑制機能)がかかり売電できない場合は、
電力会社に相談するのが一番です。

 

上記の通りパワコンの整定値の決定権は電力会社にあります。設置業者はそれに従わなければ
いけません。電力会社に相談して、電圧の調査をしてもらいその結果電力会社側の電圧を下げて
もらうとか、電圧上昇抑制の整定値を見直す(上げる)等の対応がなされると思います。

 

電圧抑制がかかり売電出来なくなる事態を回避するために
事前に我々設置側でもやれることもあります。知っておいた方が良いので紹介します。

 

もし、低圧連系を設置予定であればエコ丸は3相3線式の200Vパワコンを推奨します。
理由は、200Vの場合電圧範囲が広いので(±20V)それだけ電圧抑制がかかる可能性が低くなります。
また単相100V接続の場合、供給配電線の不平衡が懸念されるので、電力会社から見ても3相3線式の
パワコンの方が良いといえます。

 

他にもメリットとして・・・
3相3線式は単相式にくらべ、流れる電流値が1/√3になって電線が細く済みます。
CTセンサー式売電メーターが不要で費用が安く済み、電力量計の納期遅れがない。
逆にデメリットは保証期間が1年の物がほとんどです。(単相パワコンは10年保証物があり)

 

 

パワコンの設置場所も電圧抑制の起こる原因のひとつと考えられます。
パネル〜パワコン間の直流回路は長い距離を引き回してもそれほど電圧降下はありませんが、
パワコン〜配電盤〜引き込みポール(電力量計)間の交流回路は電圧降下をなるべく
少なくするため、極力電路を短くする必要があります。交流の電路を長くするとその分送電線間で
電圧降下がおこり、パワコンでは電圧を上げて電力を送ろう送ろうとします。極端な場合
抑制電圧整定値まで電圧が上がってしまって、出力抑制機能がかかり売電できなくなります。
パワコンはなるだけ電力量計近くに設置!が基本です。

 

あと、やはり太陽光発電密集地帯にそもそも設置しないということも上げられます。
これらを3点を事前に盛り込んで計画すれば、抑制がかかり売電できないという可能性が
ぐっと下がると思います。

 

 

電圧抑制のことを書いてきましたが、パワコンには温度抑制機能という機能もあります。
パワコン自身は直流から交流に変換する時に熱を出すのですが、パワコンの周囲温度が
40℃以上の場合、自身の保護のために出力を抑制し始めます。夏場などは直射日光の当たる
場所では当然40℃以上にはなるので、そんなところに設置したら抑制がかかりまくりとなって
しまいます。パワコンはパネルの下など直射日光のあたらない涼しい場所に設置しなければいけません。

 

まとめ

低圧連系を「複数」系統設置するなら3相3線式200Vパワコンで

パワコンは電路の電圧降下をなるだけ抑えるため電力量計近くに設置!

パワコンの温度上昇を抑えるため直射日光の当たらない場所に設置!

 

電圧抑制をゼロにするのは難しいかもしれません。しかし、これだけのことを注意するかしないかで、抑制
時間を少なく抑えることが出来ます。まさに年間数万円お得な情報ですね。

 

 

エコ丸おすすめ!産業用太陽光発電の関連記事
産業用太陽光発電のメリットとデメリット オススメ!
産業用太陽光発電の設置にあたって注意べき点とは? 必須知識!
H26/4の運用ルールの変更点/低圧分割はNG 必須知識!
産業用太陽光を安く設置する4つの方法 オススメ!
太陽光に適した土地探しに有効な方法とネット物件の現状
発電量を増やす4つの方法
新電力PPS事業者に今より高い価格で買い取ってもらう
産業用太陽光発電パネル設置のポイント
パワコン設置の注意点!電圧抑制と無縁の年間数万円お得な情報
全国で多発する電圧抑制の主原因は配線部分での電圧上昇
産業用太陽光発電の配線設計/送電損失ロスを低減させるには?
50kW未満低圧連系のメリット
産業用太陽電池の出力が低下するPID現象とは?
サニックスの産業用太陽光発電/26万KW新聞広告
農地に500KWの太陽光発電を設置。三重県タマリュウ栽培農家

農地に50KWの太陽光発電を設置・愛知県豊田市坪井さん
【農地で太陽光発電】ソーラーシェアリングをやる場合にはまず何から?
農地を転用して250KWの太陽光発電を設置
アパートマンション賃貸の太陽光は産業用(非住宅用)になる?
産業用太陽光発電の設置価格(費用) 10〜50KW/50KW以上
産業用太陽光発電の運転維持費・修繕費・管理費
産業用太陽光発電の構造図と配線接続例
50KW以上の太陽光発電を設置する場合に必用な資格と手続き
土地付き太陽光発電は利回り10%程度?高利回り投資物件
バンク逆潮流と土地付き分譲太陽光のリスクとメリットデメリット

 

 

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!エコ丸も無料会員登録しました。
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!
国内唯一の土地付き太陽光発電の総合検索サイト。登録も利用もすべて無料

産業用太陽光発電でも価格を比較してコストダウンしましょう!!


↓エコ丸が自信をもって推奨する産業用太陽光発電の一括見積もりサイト↓

 

50KWまでのシステムなら対応できる業者数は多いので、一括見積りサイトで価格を競わすのは有効でしょう。
50KW以上の高圧連系の大型物件になると対応できる業者数はぐっと減りますが、タイナビNEXTまたは太陽光発電一括見積り.comのいずれか、もしくは箇所から見積もりを取れば完璧です。 自作する場合でも比較検討材料として見積もり取得は必須です。
20年間だからこそ、複数の業者を慎重に比較検討しましょう。

  第1位   第2位


タイナビNEXT
国内最大級の
産業用太陽光見積りサイト
月間利用者ダントツNO.1
登録業者140社以上で全国対応
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
B産業用の見積もりもOK!
評価 

 

↓↓↓エコ丸があなただけにこっそり教える↓↓↓

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 激安で設置する方法はココ 太陽光の本当のメリットはコレだ! どれぐらいで元が取れるか?