農地に500KW太陽光設置の三重県タマリュウ栽培農家【導入事例その2】

農地に500KW太陽光設置の三重県タマリュウ栽培農家【導入事例その2】

 

【エコ丸突撃レポート・その2】
〜農地に500KWの太陽光パネルを設置した三重県のタマリュウ栽培農家・小椋さん〜

 

 

今回取材させてもらった、全量買い取り制度の対象となる産業用太陽光発電システムは、住宅用と
違う点が多数あります。この点について小椋さんに詳しく聞いてきました。

 

 

 

産業用と住宅用の大きく違う点

 

産業用と住宅用の太陽光発電では、大きく違うところがたくさんありますので
しっかり理解しておく事が大事です。

 

@固定買い取り期間が20年。(住宅用は10年)
A補助金はでない(住宅用は1KWあたり3.5〜3.0万出る)
B完全オーダーメイドで、設備の設計や設置工事に専門技術が必要。
C投資額が大きくなるので、収支計画と銀行との折衝が必要。
D再生可能エネルギー発電設備は国の発電設備の認定を取得する必要がある。(最長1ヶ月程度)
E電力会社との連系は、計画の段階で電力会社と接続協議が必要。(検討費用に21万円必用)
接続協議は非常に時間がかかる(数ヶ月程度)。
F接続協議の前に無料で事前検討調査してもらった方がよい。
G連携可能容量は地点によって異なり、場合によっては希望通りにならないこともある。
H50kW以上の場合には、高圧で系統連系させる必用がある。
I50KW未満なら一般用の電気工作物となり、主任技術者の選任や保安規定の届出は不要。
J50KW以上は自家用電気工作物となり、主任技術者の選任や保安規定の届出が必用。
但し、1000KW未満の設備なら電気主任技術者は電気保安協会等へ外部委託出来る。
K計画から設置工事、系統連系開始まで6ヶ月以上かかる。

 

 

どうでしょうか?B以降は専門的で、かなり難しいことがいろいろ出てきますね。
住宅用の太陽光を屋根にポンと載せるのと違って、大規模な産業用太陽光発電を
設置するには、SI (システムインテグレーター)という提案から設計、調達、施工、
保守まで、専門知識を持って統括する企業(個人)が必要になります。

 

小椋さんも、産業用をうたう業者でも、ほとんどが低圧連系(50KW以下)で、実際に高圧連系の
実績のある業者は本当に数が少ないとおっしゃっていました。

 

小椋さんの500KWシステムのSIは愛知県常滑市の潟^デックが担当しています。

 

 

設備の工夫点

 

太陽光パネルの設置位置は地上約2.5mの高さに設置してあり、農作業が出来るように、パネルの下を
軽トラックが自由に走行出来るような高さになっています。

 

パネルの角度は発電量と密接な関係がありますが、このシステムでは、パネルの角度は10度に設定
してあります。30度を100とすると10度だと94に発電効率は落ちますが、パネルの角度を30度にすると
影の関係で、10度にしたときよりも設置面積が多く必用になることがわかり、タマリュウに対して日影が
多くとれて、パネル間のすき間が少なくなり設置面積を少なくすることが出来る10度を採用しました。

 

 


太陽光パネルは2.5mの高さに設置。支柱や架台は腐食防止のため亜鉛めっきが施されています。

 


ずらりと並ぶ接続箱。太陽光電池パネルからの配線をまとめ、パワコンへ送ります。

 


キュービクルとパワーコンディショナー
奥のコンテナの中に250KW*2台のパワコンが設置されています。
キュービクルは需要設備50KW以上の高圧需要家に必須の設備。

 

 

まとめ

 

今回、小椋さんのシステムを実際に取材させてもらって、一番印象に残ったのは、小椋さんの太陽光発電に
かける強い思いです。「なんか儲かりそうだから、やってみようかな〜」程度の思いでは、このシステムを実現
することは難しかったと思います。エコ丸もほんのわずかですが、小椋さんの強い思いをわけてもらいました。

 

この小椋さんの取り組みが、新聞やTVで取り上げられるようになってから、ものすごい数の問い合わせと、
見学者が見えるようになったそうです。(最も多い日で100人ぐらい、九州からもわざわざ見に来るようです。)
エコ丸もその中の1人ですが、本当に丁寧に説明してくださいました。

 

今回のこのレポートで、小椋さんには何度も同じ事を説明しなくても良いように、協力できるかな?と思って
おります。最後に、今回は小椋さんには非常にお世話になりました。本当にありがとうございました。
(見学に行かれる方は、エコ丸のHP見ましたと言ってもらえるとありがたいです。)

 

【エコ丸突撃レポートその1】に戻る

 

エコ丸おすすめ!産業用太陽光発電の関連記事
産業用太陽光発電のメリットとデメリット オススメ!
産業用太陽光発電の設置にあたって注意べき点とは? 必須知識!
H26/4の運用ルールの変更点/低圧分割はNG 必須知識!
産業用太陽光を安く設置する4つの方法 オススメ!
太陽光に適した土地探しに有効な方法とネット物件の現状
発電量を増やす4つの方法
新電力PPS事業者に今より高い価格で買い取ってもらう
産業用太陽光発電パネル設置のポイント
パワコン設置の注意点!電圧抑制と無縁の年間数万円お得な情報
全国で多発する電圧抑制の主原因は配線部分での電圧上昇
産業用太陽光発電の配線設計/送電損失ロスを低減させるには?
50kW未満低圧連系のメリット
産業用太陽電池の出力が低下するPID現象とは?
サニックスの産業用太陽光発電/26万KW新聞広告
農地に500KWの太陽光発電を設置。三重県タマリュウ栽培農家

農地に50KWの太陽光発電を設置・愛知県豊田市坪井さん
【農地で太陽光発電】ソーラーシェアリングをやる場合にはまず何から?
農地を転用して250KWの太陽光発電を設置
アパートマンション賃貸の太陽光は産業用(非住宅用)になる?
産業用太陽光発電の設置価格(費用) 10〜50KW/50KW以上
産業用太陽光発電の運転維持費・修繕費・管理費
産業用太陽光発電の構造図と配線接続例
50KW以上の太陽光発電を設置する場合に必用な資格と手続き
土地付き太陽光発電は利回り10%程度?高利回り投資物件
バンク逆潮流と土地付き分譲太陽光のリスクとメリットデメリット

 

 

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!エコ丸も無料会員登録しました。
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!
国内唯一の土地付き太陽光発電の総合検索サイト。登録も利用もすべて無料

産業用太陽光発電でも価格を比較してコストダウンしましょう!!


↓エコ丸が自信をもって推奨する産業用太陽光発電の一括見積もりサイト↓

 

50KWまでのシステムなら対応できる業者数は多いので、一括見積りサイトで価格を競わすのは有効でしょう。
50KW以上の高圧連系の大型物件になると対応できる業者数はぐっと減りますが、タイナビNEXTまたは太陽光発電一括見積り.comのいずれか、もしくは箇所から見積もりを取れば完璧です。 自作する場合でも比較検討材料として見積もり取得は必須です。
20年間だからこそ、複数の業者を慎重に比較検討しましょう。

  第1位   第2位


タイナビNEXT
国内最大級の
産業用太陽光見積りサイト
月間利用者ダントツNO.1
登録業者140社以上で全国対応
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
B産業用の見積もりもOK!
評価 

 

↓↓↓エコ丸があなただけにこっそり教える↓↓↓

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 激安で設置する方法はココ 太陽光の本当のメリットはコレだ! どれぐらいで元が取れるか?