【 太陽光発電 価格の仕組みまる分かり】安い業者はココで探せ!

太陽光発電の設置費用を早く回収するコツとポイント

太陽光発電の設置費用を早く回収するコツとポイント

 

どれぐらいで元が取れるのか?のページで、実際に何年かかるか計算してみましたが、
ここではもう少し掘り下げて、太陽光発電の設置費用を早く回収するコツについて考えて見たいと思います。

 

計算条件

システムの設置費用

136.0万円

システムの年間予想発電量

4,000KWh

自家消費比率

40%  ( 買電単価24円/KWh )

売電比率

60%   ( 売価単価42円/KWh )

 

ここで

 

y : 設置価格 136.0万円
x : 年数
A: 定数  4,000KW/h × ( 24円/Kwh × 40% + 42円/Kwh × 60% )  

 

で表すと、下のグラフのようになり、回収年数は、

回収年(x) = 設置価格(y) / A で求めることが出来ます。

 

 

もう少し踏み込んで考えると、回収年を小さくする(早く元を取る)には、 上記の式より
設置価格が同じとすれば、Aの数字を大きくすれば、早く回収できます。
Aの定数の式の中で、電気の単価は自分ではどうしようもないので、われわれに出来ることは、

システムの設置価格が同じなら、年間実発電量の多いパネルを選択する。

節電して売電の比率を上げる。

この2つが考えられます。これが太陽光発電の設置費用を早く回収するコツです。

 

 

ここまで難しい話に付き合っていただいたお礼に、耳寄りな情報として・・・じつは、

 

ソーラーフロンティアから発売されているCIS太陽電池は実発電量が多いというウワサなのです。

 

現在主流の結晶シリコン型と違う、シリコンを一切使用しないCIS太陽電池は、
曇り空やパネルの一部に影(陰)が出来ても発電するのが特徴です。→その仕組み

 

またCISの方が長い光の波長でも発電できるので、朝夕の光でも効率よく発電し、
発電量が一般的な結晶シリコン型に比べ、下がらないことも報告されています。
(そのため結果的に、実発電量が多くなる)
実発電量が多ければ、上記の計算度どおり設置費用を早く回収できるため、これは見逃せません。

 

ぜひ、見積もり + シュミレーションを取る中で、ソーラーフロンティアを入れてる事をオススメします。
近くでソーラーフロンティアを扱っているところが分からない時は、下記から見積もりを取れば、
扱っている業者が分かります。
↓↓↓

安い業者はココで探せ!

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
国内唯一の土地付き太陽光発電の総合検索サイト。登録も利用もすべて無料

安い見積もり業者はココで探せ!

 

太陽光発電は、取り付ける屋根の条件や、設置環境が一軒一軒違うために、絶対的な金額が決まっていません。
そうなると、単純に比較 することが大事になってきます。比較をしないで1社だけで選んでしまったら、実はそこはものすごく
高かったというケースが起こり得ます 。なので、一括見積もりで比較検討することは必須の作業と言えます。

 

実話です。一括見積りで太陽 光発電の設置価格が100万円も安くなりました!
(安く太陽光発電を設置したい人は必見!実際に100万以上安くなった 方法を公開します。)

  第1位   第2位


タイナビ
利用者100万人突破!!
月間利用者ダントツNO.1
顧客満足度が91.2%
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
評価 

 

※現在問題になっている再生エネルギーの買い取り中断・保留は、
10KW以上の産業用のみで「住宅用」は何も問題なく今まで通り設置出来ます。
詳しくはこちら→再エネ買取り中断・保留

 

↓↓↓エコ丸があなただけにこっそり教える↓↓↓

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 激安で設置する方法はココ 太陽光の本当のメリットはコレだ! どれぐらいで元が取れるか?